税金 私 物化 を 許さ ない 市民 の 会。 「桜を見る会」巡り市民団体が刑事告発 若狭弁護士に「起訴の可能性」について聞いた: J

安倍応援団の正体とは?

税金 私 物化 を 許さ ない 市民 の 会

来年度の桜を見る会の中止は驚いた。 安倍晋三首相の都合で招待者を増やしながら、自分の身が危ういとなると行事そのものを中止する。 徹頭徹尾私物化していたことの証明だ。 年末の予算編成に向けて、桜を見る会の予算が焦点になるところだった。 計上すれば通常国会の予算委員会で説明を求められる。 追及の手を封じたかったのだろうが、幕引きは許さない。 来年度分として要求された5700万円は、これまでの実績を踏まえた額だったという。 中止するということは、これまでの実態に問題があったと認めたことになる。 首相は国会に出てきて自分自身で説明し、膿(うみ)を出し切るべきだ。 参院予算委員会の私の質問に、首相は招待に関与していないと答弁したが、その5日後に菅義偉官房長官が首相が推薦できる仕組みがあったと認めている。 山口県下関市の安倍事務所が桜を見る会のご案内という文書を出したことも分かっている。 首相が関与していないはずがなく、これは虚偽答弁だ。 さらに問題なのは、会の趣旨が変わってきている点だ。 功労・功績を認められて省庁から推薦される正規のルート以外で、一体どれだけ招待してきたのか。 安倍首相になってから後援会の人や芸能人が増えていると聞く。 それは「官邸枠」ではないのか。 首相が駆け回って後援会の皆さんと写真を撮り、芸能人を増やして後援会員を喜ばせる。 まるで「後援会祭り」だ。 下関の参加者は、安倍事務所を通じて旅行を申し込んでおり、桜を見る会はさながら後援会旅行のメイン企画だ。 税金を使った公的行事を後援会行事に作り替えていないか。 首相の「後援会祭り」で、無料でお酒を出し、食べ物を出し、お土産も渡していたら、公職選挙法上問題だと思う。 税金だからセーフというなら、政治の信頼は根底から揺らぐ。 納税者も許さないだろう。 また、税金を使ったおもてなしが許される政党とできない政党があることになり、選挙の公正性も損なわれ….

次の

安倍応援団の正体とは?

税金 私 物化 を 許さ ない 市民 の 会

来年度の桜を見る会の中止は驚いた。 安倍晋三首相の都合で招待者を増やしながら、自分の身が危ういとなると行事そのものを中止する。 徹頭徹尾私物化していたことの証明だ。 年末の予算編成に向けて、桜を見る会の予算が焦点になるところだった。 計上すれば通常国会の予算委員会で説明を求められる。 追及の手を封じたかったのだろうが、幕引きは許さない。 来年度分として要求された5700万円は、これまでの実績を踏まえた額だったという。 中止するということは、これまでの実態に問題があったと認めたことになる。 首相は国会に出てきて自分自身で説明し、膿(うみ)を出し切るべきだ。 参院予算委員会の私の質問に、首相は招待に関与していないと答弁したが、その5日後に菅義偉官房長官が首相が推薦できる仕組みがあったと認めている。 山口県下関市の安倍事務所が桜を見る会のご案内という文書を出したことも分かっている。 首相が関与していないはずがなく、これは虚偽答弁だ。 さらに問題なのは、会の趣旨が変わってきている点だ。 功労・功績を認められて省庁から推薦される正規のルート以外で、一体どれだけ招待してきたのか。 安倍首相になってから後援会の人や芸能人が増えていると聞く。 それは「官邸枠」ではないのか。 首相が駆け回って後援会の皆さんと写真を撮り、芸能人を増やして後援会員を喜ばせる。 まるで「後援会祭り」だ。 下関の参加者は、安倍事務所を通じて旅行を申し込んでおり、桜を見る会はさながら後援会旅行のメイン企画だ。 税金を使った公的行事を後援会行事に作り替えていないか。 首相の「後援会祭り」で、無料でお酒を出し、食べ物を出し、お土産も渡していたら、公職選挙法上問題だと思う。 税金だからセーフというなら、政治の信頼は根底から揺らぐ。 納税者も許さないだろう。 また、税金を使ったおもてなしが許される政党とできない政党があることになり、選挙の公正性も損なわれ….

次の

税金に群がるさもしい芸能人「桜を見る会」の予算が1766万から5728万へと膨れ上がり(まるこ姫の独り言) 赤かぶ

税金 私 物化 を 許さ ない 市民 の 会

検察としても受理して捜査せざるを得ないでしょう」 こう語るのは、11月20日、安倍晋三首相を被告発人として刑事告発を行った「税金私物化を許さない市民の会」の代理人・山下幸夫弁護士である。 「桜を見る会」疑惑が、憲政史上最長の通算在職日数となった安倍氏を日々、追い詰めている。 これまでも森友学園、加計学園と、疑惑の表面化で内閣が窮地に立つ局面はあったものの、当事者は安倍氏を忖度した「官僚」であって、安倍氏は疑惑の主体ではない。 だが、今回は安倍氏と安倍晋三後援会が公職選挙法と政治資金規正法違反に問われている。 告発状はシンプルだ。 まず、自らの推薦枠を利用、約850人の後援会関係者を、桜を見る会に招き無料で飲食を提供、公職選挙法第221条に触れるというもの。 もうひとつは会の前日、ホテルニューオータニで開催された前夜祭において、参加者1人当たり5000円を徴収しながら政治資金として報告せず、政治資金規正法第12条などに抵触するというもの。 告発を端緒として捜査が始まれば疑惑は際限なく膨らむ。 また、ホテルニューオータニが、事業認可に絡んで格安サービスを行い、見返りを期待していれば、贈収賄を疑うこともできる。 検察には、そんな先行きが見えている。 しかし、告発が今後も続くのは確実で、どこかで「受理して捜査」の流れになる。 すると首相に捜査の手を伸ばさざるを得ず、それは避けたい選択だ。 「検察は今、政権と良好な関係。 大阪地検が証拠改ざん事件を起こし窮地に立ったが、政権を動かして導入した司法取引でカルロス・ゴーン事件を手がけ、息を吹き返した。 告発を受けて順当に捜査するも地獄、なにもやらずに放置して国民的反発を食らうのも地獄。 検察は今、つらい選択を迫られている。 伊藤博敏 ジャーナリスト 1955年福岡県生まれ。 東洋大学文学部哲学科卒業。 編集プロダクション勤務を経て、1984年よりフリーに。 経済事件などの圧倒的な取材力では定評がある。 数多くの週刊誌、月刊誌のほか、現代ビジネスなどウェブニュースサイトにも寄稿。 経済ニュース深読み 伊藤博敏(日刊ゲンダイ) — KK Trapelus いまの状況って、日本で頻繁に政権交代が起きていないがために起きていると言っても過言ではないんじゃないかな。 つまり、各省の官僚、おおざっぱに言えば官僚に含まれるわけだが、検察・警察の連中、さらに言えば裁判所(最高裁判所事務局)を含めた日本の「官僚機構」が片一方側(要するに自公政権)だけしか見ていないから起きている、国としての末期的な症状の気がする。 大塚とかいう内閣府の官房長とか、その他もろもろの官僚の答弁を見ていると、おどおどしてかわいそうな気もするが、こいつらは政権交代の暁には全員「懲戒免職」。 もちろん、政治家と癒着せず、政治家の言いなりにならず、官僚として当然の仕事をしていれば、政権交代が起きても何ら問題はない。 内閣人事局が一括して官僚の人事を掌握していようと、政権交代が当たり前のように起き、政治家、官僚の関係があるべき姿であれば、いまのような馬鹿官僚がぞろぞろ出てくる悲惨な状況にはなるまい。 官僚だって、馬鹿ではなれない立派な職業であるのは間違いないのだから。 ただ、いま必死になって安倍一派を弁護、擁護している官僚どもは政権交代が起きれば、懲戒解雇だよ。 退職金なし、天下り先なし。 それは自業自得。 何、寝言言ってるんだ! 検察官達は、国家反逆罪で逮捕され起訴され裁判にかけられ刑務所に入れられるか死刑にされて 当然の暴挙をやっているのです。 もし検察官達が「家族を殺すぞ!」と脅されているのなら、裁判でそう証言すればいい。 情状酌量はあるだろう。 安倍を逮捕するためには、 まず、警察官達と検察官達と裁判官達を、 逮捕して起訴して裁判にかけ刑務所に入れるか死刑にして、 警察組織、検察組織、裁判所の中を総入れ替えしないといけない。 総入れ替えは必須です。 この国の行政も司法も、そこまで腐り切っているのです。 警察官達と検察官達と裁判官達を、逮捕し起訴し裁くのは、 かかわっていない僅かな数の警察官達と検察官達と裁判官達がするしかない。 その、僅かな人達だけは、組織に残る。 完全に総入れ替えではないが、ほとんど総入れ替え。 : : [15] 黒川氏は来年2月までに検事総長にならなければ東京高検検事長のまま定年退職になる。 定年前に検事総長に上げるには12月の人事がタイムリミットとされる。 法務検察サイドとしてはタイムリミットまで何とか無難に過ごして1歳下の林氏を検事総長にしたい。 12月、2月のタイミングまでは検察は派手に動けない。 しかし規定通りに黒川氏定年、林氏昇格が確定すれば何が起こるか分からない。 林氏は官邸の横槍で法務次官にもなれず、東京高検検事長にもなれず、人事を翻弄され続けてきた法務検察サイドの積年の恨みが溜まっていれば、桜疑獄でアベ事務所とオークラへの強制捜査という逆襲もあるかもしれない。 国民の検察への信頼も回復できる。 : : [116].

次の