リクナビ 薬剤師。 薬剤師の公開求人検索|薬剤師の求人・転職・アルバイトの【リクナビ薬剤師】

「リクナビ薬剤師」の評判ってどう?利用者の評価・口コミを徹底分析| 転職HAKASE

リクナビ 薬剤師

薬剤師の求人数• 業種別求人数• 雇用形態別求人数• 高年収の求人数• 細かな検索項目数• 新卒向け求人• 提案スピード・提案数• 面談拠点数(カウンセリング)• コンサルタントのサポート内容• コンサルタントの人数• 口コミ・評判• 薬剤師の中でも特に人気の高い調剤薬局の求人はリクナビ薬剤師のほうが数多く取り扱っています。 ただし細かい職種・業種まで探せるのはです。 マイナビ薬剤師であれば調剤薬局や病院以外の選択肢から希望の職種へのキャリアチェンジも可能です。 3.雇用形態別求人数(正社員・契約社員・パート) 正社員 43,511件 30,000件以上 契約社員 2,921件 - パート 27,778件 10,000件以上 業務委託 193件 - 雇用形態別に見るとマイナビ薬剤師は4つの雇用形態に対応しており、リクナビ薬剤師は正社員・パートの2種類にしか対応していません。 契約社員や業務委託の薬剤師求人を選ぶのであればをおすすめします。 マイナビ薬剤師・リクナビ薬剤師は主に正社員求人を取り扱っている転職エージェントのため派遣求人はありません。 4.高年収の求人数(500万・600万円以上) 500万円以上の求人 21,458件 28,294件 600万円以上の求人 9,841件 転職をするにあたり年収(給与)は非常に重要です。 マイナビ薬剤師では【500万円以上の求人】【600万円以上の求人】と分かれて検索することができます。 リクナビ薬剤師は【高額給与】という項目で500万円以上の求人を探すことができます。 マイナビ薬剤師・リクナビ薬剤師ともに 500万円以上の求人が20,000件以上ありますが、500万円・600万円の求人を合わせた求人数はややマイナビ薬剤師に軍配があがります。 探しやすさもがおすすめです。 5.細かな検索項目数(こだわり条件検索) こだわり検索項目数 19項目 10項目 細かな検索条件があることで自分にあった求人を絞り込みやすくなります。 例えば家庭のある女性であれば休みも多く、産休や育児休暇が取得できるとところがいいでしょうし、人によっては土日休みでなければ嫌だという方もいると思います。 マイナビ薬剤師では19項目の詳細検索が可能なため、より自分にマッチした求人を探すことが可能です。 リクナビ薬剤師も10項目の検索ができますがほどではありません。 【参考】マイナビ薬剤師の検索項目(こだわり検索) 希望の科が決まっている人はリクナビ薬剤師もいいですね! 6.新卒向け求人(検索項目の有無) 新卒向け検索項目 あり なし 新卒向け求人数 23,000件以上 不明 薬剤師の求人は中途採用に限りません。 薬学部を卒業予定の新卒向けの求人の有無も非常に大切です。 残念ながらリクナビ薬剤師では新卒向けの検索項目はなく、求人数を確認できませんでした。 はこだわり検索に【新卒応募可能求人】があり、簡単に新卒向け求人を検索することができます。 求人数も23,000件以上あるため、就職活動をしている薬学部の方は登録必須と言えるでしょう。 7.提案スピード・提案数 提案スピード 公式サイト記載なし 最短翌日に5件 提案数 18件 公式サイト記載なし 転職に重要なのは情報です。 いかに早くどれだけの情報を提供してくれるかは 転職のキーポイントとなります。 提案スピードではが登録した翌日には自分にあった求人を5件紹介してくれ、非常にスピーディーな転職活動が可能です。 求人の提案数はマイナビ薬剤師に軍配があがります。 平均提案数18. 5社と数多くの選択肢から自分にあった求人を探すことができます。 急ぎで転職したい方は• じっくりと転職活動を行い方は といった使い分けもおすすめです! リクナビ薬剤師でも満足いくまで求人を紹介してくれます。 8.面談拠点数(カウンセリング) 拠点数 13拠点件 4拠点 拠点場所 ・東京 ・神奈川 ・千葉 ・埼玉 ・北海道 ・宮城 ・名古屋 ・石川 ・大阪 ・京都 ・神戸 ・岡山 ・広島 ・福岡 ・東京 ・名古屋 ・大阪 ・福岡 転職エージェント利用するためには「面談(カウンセリング)」をする必要があります。 面談しなくても電話・メールでサポートしてくれますが、やはりしっかりとサポートしてもらうためには直接面談する必要があるでしょう。 拠点数はが圧倒的で 全国に13拠点設けています。 リクルート薬剤師はリクルートグループで全国各地に拠点を設けているイメージもありますが運営会社は「リクルートメディカル」ですので拠点が4箇所とやや少なめです。 (他のエージェントの拠点数と比較すると多いですが・・) いずれも電話・メールでのサポート可 マイナビ薬剤師・リクナビ薬剤師いずれも電話やメールでサポートが可能です。 ただし面談したほうが自分の希望を誤解なく伝えることができますし、コンサルタントも積極的にサポートしてくれます。 面談できる距離の方はしっかりと面談し、遠方で通えないという方は電話・メールでのサポートを希望しましょう。 マイナビ薬剤師に関しては休日の転職相談会を設けている点が他のエージェントと比較しても優れています。 保有している情報の豊富さ 転職エージェントは保有している求人は一緒でも保有している情報は異なります。 どういうことですか? 保有している情報とは「人間関係、残業やキャリアアップ」などの 求人情報には掲載されていない情報です。 これらの情報は求人掲載する企業とエージェントとの繋がりがなければ保有できない情報となります。 それぞれが保有している情報を公式サイトから見てみましょう 求人票以外の情報こそ転職の成功要因です。 採用担当者だけでなく現場の薬剤師さんからもしっかり現場の状況をお聞きしています。 条件面はもちろん、人間関係、残業やキャリアアップも丁寧にご説明します。 「どのような人がいるのか?」「スキルアップできる環境なのか?」「話の合う同世代がいるのか?」など、働く上で気になる情報を徹底的に事前調査することで、就業後に予想外の問題が起こらないよう最善を尽くします。 マイナビ薬剤師もリクナビ薬剤師も「知りたいことを知れる」環境が整っています。 求人情報で知りたいことがあったら遠慮なく聞いてみましょう! 10.コンサルタントの人数 コンサルタントの人数 32人 14人 拠点数 13拠点 4拠点 拠点に対する人数の割合 2. 4人 3. 5人 コンサルタントはたくさんいれば一人の求職者に対して割く時間が多くなりますので、できればたくさんいてもらえると安心です。 マイナビ薬剤師は32名。 リクナビ薬剤師は14名と他の薬剤師エージェントと比較するとどちらも非常にたくさんのコンサルタントが在籍しています。 ただしマイナビ薬剤師は13拠点に対して32名ですので、各拠点に2~3人程度といった割合になります。 リクナビ薬剤師は4拠点に対して14名ですので、拠点ごとに3~4名のコンサルタントとなります。 どちらが良いとはいいがたいですが、コンサルタントの人数が気になる方は上記を参考にしてください。 11.口コミ・評判 口コミ・評判 エリアごとにあり 項目ごとにあり ・北海道・東北(59件) ・信越・北陸(24件) ・首都圏(542件) ・東海(90件) ・関西(265件) ・中国・四国(38件) ・九州沖縄(59件) ・キャリアアップ(10件) ・家庭との両立(11件) ・お給料アップ(7件) ・復職・その他(8件) 転職エージェント選びに参考になる口コミや評判もそれぞれの公式サイトにしっかりと掲載されています。 リクナビ薬剤師は属性ごとに口コミを掲載しており、マイナビ薬剤師はエリアごとに口コミを掲載しています。 口コミ・評判の掲載数はマイナビ薬剤師が圧倒的です。 では 毎月新着の口コミが100件以上更新されるのでエリアごとにたくさんの口コミ・評判を見ることができます。 口コミ情報の鮮度と信憑性に関してはマイナビ薬剤師のほうが優れているといえるでしょう。 マイナビ薬剤師が毎月多くの人に利用されている証拠ですね! 12.運営会社(ブランド力) 企業名 株式会社 マイナビ 株式会社 リクルートメディカルキャリア 代表取締役社長 中川信行 長尾 吉祐 設立 昭和48年(1973年)8月15日 1979年9月 資本金 21億210万円 4,500万円 所在地 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 〒105-0004 東京都港区新橋2-6-2 新橋アイマークビル4F それぞれの運営会社であるリクルートメディカルとマイナビはいずれも国内トップクラスのリーディングカンパニーです。 運営会社のブランド力に関しては大きな違いはないので安心して利用できるでしょう。 リクナビ薬剤師も優れたエージェントだがマイナビ薬剤師はさらに圧倒的! 転職検討中の方も早めの登録をおすすめします。 マイナビ薬剤師の登録方法 より公式サイトに移動します。 (ほとんど第一希望の場所の求人を紹介してくれます。 間違えのないように記入しましょう。 その他の希望条件があれば記入してください。 その他の希望条件には何を書けばいいの? 例えば• 就業希望時期について(急ぎ・情報収集)• 電話・メールでのサポートを希望• 特筆すべき点(身体障害など) 求人の条件などは登録後にコンサルタントに伝えればOKですが、面談前に伝えて起きたいことを記入しましょう! メールマガジンは転職ノウハウの詰まった情報が送られてきます。 損はありませんのでチェックすることをおすすめします。 マイナビ薬剤師は今なら登録でW特典! マイナビ薬剤師に登録すると今なら• 薬剤師転職サポートブック• 転職検討中の方でも必ず役に立つ情報ですので、マイナビ薬剤師への事前の登録をおすすめします。 マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師の違いの比較を見たけどまだ決めきれない・・ という方は両方登録するという方法もあります。 リクナビNEXTの調べによると 転職成功者の転職エージェント利用者社数は1人4. 1社となっており、多くの方が複数の転職エージェントを活用していることがわかります。 これは薬剤師も例外ではありません。 総合力の・スピード内定が可能な。 どちらも活用することで転職成功確率が大きくあがるでしょう。 【まとめ】マイナビ薬剤師・リクナビ薬剤師の違い12項目徹底比較 薬剤師の転職には欠かせないマイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師の比較いかがだったでしょうか。 マイナビ薬剤師が優秀過ぎて驚いた方もいるのではないでしょうか。 マイナビ薬剤師・リクナビ薬剤師どちらも非常に優秀な転職エージェントですが、迷ったらから登録することをおすすめします。 利用者満足5年連続No. 1はのマイナビ薬剤師はサービス内容が突出しています。 是非・を活用して転職活動を成功させてください!.

次の

薬剤師の公開求人検索|薬剤師の求人・転職・アルバイトの【リクナビ薬剤師】

リクナビ 薬剤師

自分にピッタリの求人が見つかりました 条件面を精査したのち、実際に20件以上ご紹介いただきました。 私は勤務時間や休暇を重視した転職先を望んでいましたので、正社員の求人にこだわらず準社員の求人なども柔軟に紹介していただききました。 最後に面接まで進んだ数企業は、コンサルタントの方としっかり相談して、条件に相違のないことを確認したうえでの紹介でした。 リクナビ薬剤師の口コミをもっと見たい方は リクナビ薬剤師の評判まとめ 口コミを調査した結果、求人、コンサルタントなど多くの項目で高評価をつける薬剤師が多く、リクナビ薬剤師の評判は総じて良くなっています。 特に 「レスポンスの速さ」への満足度はひときわ高く、「早く転職したい」という人にピッタリの特徴といえます。 一方で、「電話がしつこい」という声も一部であったようです。 もちろんコンサルタントによって差はありますが、 「なるべく慎重に転職活動を進めたい」「自分のペースで転職活動をしたい」方にはあまり向いていないでしょう。 2.リクナビ薬剤師のメリットとデメリット・おすすめの人 リクナビ薬剤師にはさまざまなメリットがある一方で、デメリットもいくつか存在します。 メリット・デメリットを確認したうえで リクナビ薬剤師の利用が自分に合っているかどうか判断するとよいでしょう。 リクナビ薬剤師の3つのメリット リクナビ薬剤師のメリットについて以下で一つ一つ解説していきます。 好条件な非公開求人を多数保有しており、条件の良い職場への転職がしやすい• 短期での転職を可能にするサポート体制が整っている• 大手企業とのパイプが太く、有利に転職を進められる 好条件な非公開求人を多数保有しており、条件の良い職場への転職がしやすい リクナビ薬剤師の大きなメリットの一つが、非公開求人を多く取り扱っている点です。 非公開求人とは、一般向けに公開していない求人情報のことを指します。 ハローワークや求人サイト、企業の採用ページにも掲載されておらず、転職サイトに登録することで具体的な求人の内容を見ることができます。 非公開求人は知名度の高い企業の求人や幹部クラスの求人など、 一般に公開すると応募が殺到してしまうような好条件で募集がされている場合が多いです。 リクナビ薬剤師は非公開求人の割合が他のエージェントに比べて非常に高く、条件のいい求人が紹介される確率が高いのです。 ココファーマ調べ。 短期での転職を可能にするサポート体制が整っている リクナビ薬剤師では他の薬剤師転職サイトとくらべ、スピーディーな転職が可能です。 大手人材紹介会社として培ったノウハウがあるため、担当コンサルタントから登録した翌日には、平均5件の求人を紹介してもらえます。 希望を伝えてからすぐに求人を紹介してくれるので、 転職先を選びやすく、転職活動の期間をなるべく短く済ませたいと考える薬剤師におすすめです。 加えてリクナビ薬剤師は「myCarrY」というアプリをリリースしています。 このアプリはコンサルタントから紹介された求人をアプリで管理でき、ワンタップで応募ができる機能がついています。 そのためmyCarrYのアプリで求人紹介から応募まで、スムーズに進められます。 中には最短3日で転職ができたという驚きのケースも存在するようです。 今すぐにでも職場を辞めたい方、できるだけブランク期間を短くして転職をしたい方にとっては大きなメリットになるでしょう。 もちろんリクナビ薬剤師が重視しているのはスピードだけではありません。 あくまでも求職者の希望を最優先としており、決して無理に転職をすすめてくるようなことはありません。 求人数も多く、またコンサルタントから自分におすすめな求人を多く紹介してもらえたので、転職先を選択するのに役立ちました。 コンサルタントからの連絡も早くて転職の手助けになりました。 大手企業とのパイプが太く、有利に転職を進められる 数ある転職サイトの中でも、 リクナビ薬剤師は大手企業に特に強いといわれています。 リクナビ薬剤師を運営しているリクルートは、古くから転職市場で実績を積んできたため、企業側から厚い信頼があります。 そのため、大手企業が求人を出す際もリクナビにお願いするケースが多いのです。 大手の製薬会社や病院、調剤薬局、ドラッグストアチェーンへの転職を考えている方は、必ず登録するべきサイトといえるでしょう。 他の転職サイトと並行して利用していましたが、 大手企業の求人は他の転職サイトと比べ、多かったです。 また大手で年収の良い求人もあり選択の幅が広がりました。 リクナビ薬剤師の2つのデメリット 上述したメリットがある一方で、他社に比べて弱い部分もいくつか存在します。 以下で一つ一つ解説していくので自分が許容できるかどうか判断してみてください。 派遣の求人がない• コンサルタントからの電話が多め 派遣の求人がない リクナビ薬剤師では派遣の求人を扱っていません。 派遣で働きたいと思っている方は注意が必要です。 もし派遣で働きたい場合は、・などの派遣に力を入れている薬剤師転職サイトの利用がおすすめです。 自分に合った薬剤師転職サイトを見つけるには? 「リクナビ薬剤師が本当に自分に合っているかわからない…」という方は、以下の無料でおすすめの転職サイトがわかる 「転職サイト診断テスト」を利用するとよいでしょう。 3.リクナビ薬剤師が扱っている求人の内訳 リクナビ薬剤師が扱っている求人を雇用形態・業種・希望別で分けて調べました。 自分の希望する求人を多く保有しているか確認するとよいでしょう。 業種別 他の転職サイトと比べ、特に調剤薬局と病院の求人数が多いことが特徴です。 そのため年収アップを目的に転職をしたいと考えている人は一度リクナビの求人を確認しておくとよいでしょう。 転職サイトのコンサルタントは、その能力や持っている情報に差があるため、自分に合わないコンサルタントが担当になってしまう場合があります。 複数登録をし、比較をすることで 自分に合ったコンサルタントに巡り会える可能性も高まり、転職成功の可能性も上げることができるでしょう。 転職エージェントを利用する際に、ひとつの転職サイトしか使ってはいけないというルールはありません。 むしろ特色の違う転職サイトをうまく組み合わせて複数登録し活用したほうが良いでしょう。 転職サイトのコンサルタントは実際に利用して比較してみないと自分に合っているかどうか判断しづらいためです。 また自分に合わないコンサルタントが担当になった場合、転職がうまくいかない可能性も高くなります。 複数登録をすることで 能力の高いエージェントに巡り会える可能性も高まり、また転職成功の可能性を上げることができるでしょう。 おすすめ転職サイト ここまでリクナビ薬剤師について記載してきましたが、当サイトおすすめの転職サイトの特徴をわかりやすく一覧にしました。 参考にしてみてください。 圧倒的な求人数を保有しているため、駅チカ家チカ要望に対応可能• 全国15ヵ所に支店があり地方でも対面面談を実施• 履歴書の添削や面接同行・給与交渉などのトータルサポートに自信 調剤薬局 対面• 年収600万円・時給4000円以上の高収入求人が毎日更新• 日本調剤グループのノウハウを生かした教育・研修制度が充実• 派遣求人が豊富 病院 製薬会社 電話対応• 登録者数No. 1!登録して間違いのない王道派遣会社!• 3か月の就労期間で育休が取得できるためママ薬剤師におすすめ(他社は基本6ヵ月)• 即日で求人を紹介してくれ、最短3日で派遣が始められる 合わせて読みたい 5.リクナビ薬剤師に登録から転職するまでの流れ リクナビ薬剤師に登録してから転職するまでの流れをご紹介します。 Webかフリーダイヤルで無料登録 Web登録は簡単な必要事項を記入するだけなので、 60秒ほどで済みます。 <Web登録に必要な入力項目>• 現在の就業状況• 希望の働き方• 希望の勤務先• 希望する転職時期• 名前(フリガナ)、生年月日、性別• 住所、連絡先(電話番号、メールアドレス) 登録フォームは 対面か電話で希望をヒアリング 登録後、コンサルタントから電話がかかってきて、対面面談、もしくは電話面談の日程を調整します。 面談では、希望条件(職種、職場、エリア、勤務時間、資格取得など)のヒアリングが行われます。 求人紹介 面談後、希望条件に合った求人案件を紹介してくれます。 遠慮せずに自分の希望を伝えましょう。 職務経歴書作成 リクナビ薬剤師ではコンサルタントが職務経歴書の添削だけでなく、応募先の企業と給与などの条件交渉までしてくれます。 面接アドバイス・面接 事前にコンサルタントが面接アドバイスをしてくれるので安心です。 内定・入社 転職が決定してもサポートは続きます。 入社日の調整や手続きなど、入社するまでサポートをしてくれます。 6.リクナビ薬剤師に関するQ&A Q. 登録したら電話連絡がしつこいって本当? A. 薬剤師転職サイトというと、従来は既卒で社会人経験を積んだ転職者のみが利用できるというイメージが強かったのですが、 最近では新卒や薬学生でも人材紹介会社サイトとして転職サイトを利用して就活をするケースも出てきています。 社会人経験のない新卒であっても転職サイトを利用することは可能ですし、実は転職サイト内にある求人の中には、「新卒可」で募集している求人もあるのです。 では新卒薬剤師が転職サイトに登録をすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。 大きなメリットは、 1. 多くの情報を得られるということと、さまざまなサポートが受けられるということです。 地方に住んでいても面談してもらえるの?.

次の

マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師の違いを12項目で徹底比較!

リクナビ 薬剤師

「多くの転職エージェントの中から自分にあった転職エージェントを選びたい」 「転職エージェントを利用したことがないからどの転職エージェントにしたらいいか不安」 そんな方に向けての記事になります。 こんにちはtakutakuです。 薬剤師向けの転職エージェントは多数ありますができれば自分に適した転職エージェントを選びたいですが、 求人数はどのくらい? キャリアアドバイザーの違いは? 相談をするときの面談先は近くにあるの? などなど、比較したいことは山ほどあります。 とはいえ多くの情報の中から検索、確認、検討となると忙しい薬剤師にはなかなか難しいですよね。 そこで今回は転職業界でも最大手の一角であるマイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師の違いを比較してまとめてみました。 対してリクナビ薬剤師で選択できる業種は7種となっており、漢方薬局などの検索ができます。 求人数自体はマイナビ薬剤師は 60,814件・リクナビ薬剤師は 56,166件と4000件程度差がありますが、どちらの求人数も母数としては十分にあると考えられます。 リクナビ薬剤師のキャリアアドバイザーの紹介文は詳細に記載されており、自身のアドバイスのスタンス例えば 「本音でお話ができる雰囲気作りを意識しています」と安心して相談できる環境作りをしてくれていることがわかりますね。 転職という人生の一大イベントにおいて相談先はどのような会社なのか知っておくと安心できるのではないでしょうか。 マイナビ薬剤師は株式会社マイナビの運営となっており、もともとは株式会社毎日コミュニケーションズという名前でした。 「マイナビ」という呼称は新卒学生向け就職情報サイト「毎日就職ナビ」の略称でしたがマイナビの呼称が浸透したため社名も株式会社マイナビへ変更されました。 東京、さいたま、千葉、横浜、札幌、仙台、名古屋、石川、大阪、京都、神戸、岡山、広島、福岡、鹿児島と全国で直接対面面談を受けられるようになっています。 リクナビ薬剤師では面談は東京のみとなっており電話相談がメインとなっていますので、地方在住の方はマイナビの方が明らかに手厚いサポートを受けられるでしょう。 転職活動の期間はおおむね1-2か月程度になることが多く、その間に転職が決まらなかった場合もサポートを継続してくれるので必要に応じて相談をしていきましょう。

次の